ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Campionato segunda


Giornerra 19

Tokyo Verdy 1969 2-0 Shonan(La Nishigaoka 14:04)


24,Ohno(Tokyo Verdy 1969)
76,Hiramoto(PK)(Tokyo Verdy 1969)



今年で一番大切な試合だったと思う。
正直無念さでいっぱいだ。



試合後15分は放心してたし。



最初の24分まではよかった。
サイドを抉り、ニヴァが基点のワンタッチツータッチで中盤を崩していく。やはりヴェルディは金澤と根占をアジにつけてきたがアジは奔放にやっていた。


サイドから藤田泰成のクロス。ヘディングで浮いた球を大野のボレー。これが突き刺さった。いわば事故のような失点だった。ここで声を出さなければいけない。また選手たちは声を失った。コバの声もなければ悠介が引っ張る様子も見られない。


個人が黙々と役割をこなすのはいい。だがそれじゃだめなんだよ。この試合、昨年を繰り返すのかそれとも進歩を見せるのか大きな分かれ目の試合だって俺は昨日から散々言ってきた。意識の統一も大事かもしれない。だがもっと大事なのはトライする気持ちだよ。攻めれどシュートが前後半あわせて枠内5未満(悠介が微妙なのかなり狙っていたがあれはシュートと考えづらい)じゃ点取れないよ。


やってるサッカーは絶対に間違っちゃいない。ただ「間違っちゃいない」にすがってるだけじゃ上へはいけないんだ。そこにプラスアルファがないと。そのプラスアルファは昨年昇格したチームで言えば中払の「超人的な献身力とリーダーシップ」だったり、山形恭平の言ってた「張り詰めた熾烈なポジション争いの相乗効果」だったり、甲府の「わけのわからない奇跡を起こす力」なんだ。じゃあ湘南には??それは選手たちで作り上げるしかないよ。俺らも弱すぎる部分があるけど、バカみたいに声出さない時間が今日もあった。



ここを乗り越えないと去年の繰り返しなんだ。もっとみんなできたよ。



HEARTSとVERDISTA、バカみたいに試合前から歌ってたよ。ウチは少し乗り遅れたよ。祐三さんの到着が遅れたのもあったけど。何とかそれをフォローするだけの後押しをしたかった、だから最上部の一番上昇って煽ったんだけどね。その気持ちの差もあったと思う。


昨年よりもサッカーは楽しい、イメージはある。俺も3クール、4クールまでは我慢だってすげー思ってるよ。ただ水戸戦のように無抵抗で負けるのには腹が立つんだよ。一戦だけで乗り越えられるもんじゃねえよ。んなの。ただ下を向くなといいたい。目は死んでなかった。それが収穫。


神戸で何ができるか。もっと考えろってことだ。正直クラブハウス問題も抱えているし、それどころじゃないって人もいると思う。応援に集中できない環境の人もいるだろう。けれども動かん平塚市を見返すという意味でも、選手はもちろん、俺らももっと考えなくちゃいけない。結果を残すことが最大のアピールだからね。



さて三番煎じになるが、次はあのゲーフラをやろうと思う。



いまだからこそやらなくちゃならねえんだ。



湘南のためにできること、微力ながらも俺はやる。

スポンサーサイト

気が向いたからシリーズ化してみよう。


ワシの好きなチャントを各チーム一つずつ書いて行こうか。



今日は札幌


バ~モ札幌、行こうぜ
我らと共に~、自らの力信じ
熱い気持ち見せて戦え


3年前から歌われてるチャント。
もう一つ、瓦斯や甲府でも使われてる「ブラジル」(ララララララララーってやつ)というのもあるんですがそちらは主にコーナーキックで歌われます。ブラジルは札幌が一番かっこいいね。最近は歌われなくなったけど、イエローサブマリンも札幌のがベスト(大勝時にはやるみたい)この三つはエモーショナルにグッと来るわけです。


北の暖かさは熱さになってわっとマグマのようにくる。2chでは臼がぶったたかれまくってるけど、ヤツラが気合入れたら凄いからね。ユニの色を赤黒にこだわり、一年で赤黒に戻したのは彼らを中心とした力でしょう。


Liga Principe Kanto 2006



Gruppo B



Giornerra 7



Shonan3-0Kashima H.S.s(La Hodogaya 13:01)



49,Oka(Shonan)

71,Igari(Shonan)

81,Saito(Shonan)





嫌な展開の試合だった。



前半から湘南ユースが一方的に攻め込むものの、鹿島GK堺田の長い手足を活かしたビッグセーブが3度鹿島を救う。基本的にサイドから抉れてはいたが、フィニッシュで変な余裕もあった。ただ鹿島がコンパクトにタイトにマークに来なかった分、組み立てはし放題だった。カウンターもかからずほぼハーフコート。それで1点もとれなかったのは痛恨。同僚と話す、西野が先発でいればねえ。。。。西野嵩志、2年生ながら柔らかなポストと独特なシュートセンスを誇り、枠内決定率が高いエースFW。コンディション不良なのか、この日はベンチスタート。





ちなみにこの日の布陣





                 10 岡(2)



     11 鎌田(2)              7 猪狩(C)(3)



                 6 関口(3)





         8 林(3)          17 天野(1)





  18 澤田(1) 5 笹川(3)  4 日下部(3)  2 高原(3)





                 16 杉田(2)







どうやらエースDFの宮内(3年)が右足を怪我したらしく欠場。よって笹川が左センター、澤田を左サイドバックに配置の4バックというプリンスでは初の布陣。3バック、4バックと柔軟にこなせるのも湘南ユースの躍進の理由の一つだが、この4人ははじめての組み合わせなので連繋が少し不安ではあった。





しかしそれも何のその、笹川が持ち味の左足からのロングフィードでチャンスを演出し、澤田は対面をほぼ完封。高原はいつもより守備に重きを置いて、サイドアタックは猪狩に任せた。それでも高原、3度ほどすごいオーバーラップを見せたが。





後半開始に鎌田に代わり西野を投入。やはり彼がいるとボールが落ち着き、岡、林らのオフザボールの動きが一気に活性化される。先制点は49分、セカンドを拾った林のスルーパスに体一つ抜け出た岡が難しい角度を右足で流し込む。素晴らしいゴールだった。決めた岡もあそこを通した林も素晴らしいい。チョウ監督はいつも「トライしろ!」というが、その姿勢が産んだ一点。これで前半から続いていた嫌な空気はなくなった。71分に右サイドから突破した猪狩が豪快にシュート。ここまで何とか1点に抑えてきた堺田の壁を破りほぼ勝負を決める。81分には西野がゴール中央一対一の毀れ球を一年生斎藤聖也が押し込んで駄目押し。





ちょっと流れが悪くても、どうすれば自分たちに風を吹かせることができるか、彼らはそれを心得ている。勢いではない。冬場の徹底した基礎体力トレーニングで精神を培ってきたことで生まれた、ヴェルディユースや武南との接戦をモノにしてきた自信がある。試合をこなす毎に成長している彼らは頼もしい。





ここからはJユースの関東予選を一月挟む。5月にプリンス残留をめでたく決めることができた。だが、これからだ。7月2日の渋谷学園幕張戦。残留争いと優勝争いがかかったタフな一戦になるだろう。勝って最高のシチュエーションで最終節の桐蔭学園との一番に臨もうぜ!


Campionato

Giornerra 17

Shonan1-3Mito(El Bellmare 14:04)


3,Ogura(Mito)
34,KIM Kisu(Mito)
73,Andersson(Mito)
75,Kato(Shonan)


戦友に聞くと

「振り返りたくもない」

試合らしい。


滅法弱い5月下旬。今年もやらかしたってことだ。


負け方が第1クールの笠松と同じ。釘刺すが戦術立て直しの時間がなく、調整で手一杯なスケジュールといえ、あまりにもお粗末すぎないか?


なんか選手だけの責任ではない気がするんだよね。サポも強化部もみんなだ。毎年この時期にこうだもん。

小椋に綺麗なミドルをぶち込まれ、金基沫にはカウンターから失点と聞く。アンデルは知らん。


学習能力というか何というか、とにかく腹立つわ。


さあ本蓮沼と御崎公園、一個でも負けたら今季終了だぞ。


今一度危機感持てよ。それをずっと保てや。ここで終わるな。さあここの連戦、ガケップチだぞ。


死ぬ気で戦え。俺も死ぬ気で声張り上げるから。


Campionato


Giornerra 17

Shonan-Mito(El Bellmare 14:04)



攻撃の核、アジエルが累積でいない。


振り返ると、完敗を喫した第1クールの笠松もアジが餌食になった。水曜のべスパでもアジが餌食。アジやニヴァには悪いがブラジル人の悪しき特長が前面に出てしまい、この2戦は対戦相手の思う壺になってしまったといえる。


確かにアジがいないことでバリエーションの数は減るかもしれないが、その分行き詰った際のシンプルな攻撃の形が必要になってくる。それを明日は作っていきたい。2トップはどうなるかわからないが、望さんも山形戦後に言っていた通りシンプルに捌くことにこだわってほしい。水戸もDFはガツガツ来る方だ。間髪入れないDFは専売特許。一人に固執しない、餌食にさせない、ワイドな攻撃を期待する。


この3連戦が終われば次は東京V、神戸と降格組が相手のアウェー連戦になる。それを考えると3以下は絶対に許されない。第2クール一つ目の山が来た。さあ、乗り越えろ。


明日でワシのホーム連続観戦記録は途絶えてしまう。魂は引き続き戦友に預けてある。気持ちだけは平塚へ送る。VAMOS!



某巨大SNSにも書いたのですが、こちらでもひとつ。



http://wiki.livedoor.jp/bellmare2006/d/FrontPage#content_2
「湘南ベルマーレクラブハウス移転問題まとめサイト」


湘南ベルマーレはチーム創設以来、平塚市大神は相模川の河川敷、大神グラウンドにて練習を行ってきました。本来ならばクラブで買い取ってそれこそベルマーレの練習場にしたかったのですが、98年からはじまったクラブ存続危機、生きるか死ぬかの瀬戸際だった1999。


元々大神グラウンドというのはベルマーレの所有地ではなく、元親会社であるフジタさんの土地です。やっとのことで経営危機を乗り越えたものですから当然お金など無く、その間に希望価格で買える財力がある松蔭大学に買いとられてしまったというわけです。本来ならば即座に出て行かなければならなかったのですがご好意もあり、現在は松蔭大学さんからグラウンドを間借りしている状態なんです。これはクラブハウスもです。(もう、入り口には松蔭大学平塚キャンパス?と名前も入っている)しかし、それも契約が今年の秋(9/30かな?)に切れてしまいます。大神からの完全撤退を意味します。


練習場は相模川をさらに下流へ下った平塚市馬入にある馬入ふれあい公園サッカー場(2002W杯で得た余剰金の助成金を使って2面の芝Gと1面の芝Gが完成、なおその際に2億得たのだが、Gの建設でほぼお金を使い切ってしまった)を使えることが決定しています。しかし、これは市のもののために場合によっては当然抽選や先約など(市民行事)で練習できないといったことが生じてしまう危険もはらんでいます。本来であれば、馬入ふれあい公園の中の一角にサポーターや市民の憩いの場として気軽に飲食できるようなスペースとベルマーレのクラブハウスが建設される予定でしたが、「公園法(これも自治体によって解釈がかなり違うんですが、例えばG大阪は万博公園内にクラブハウスを建設できたし、千葉は市原時代に市原市姉崎公園内に同じくクラブハウスを建築できた例がある。)」により、ベルマーレさんのためだけに平塚市としてはクラブハウスを建設することは出来ない。というものでした。


ここで助成金が残っていれば他に土地を探してクラブハウスを建設することはできたのですが、これもできなくなってしまった。「クラブハウスが建つことは市にとってとても有益だ」この約束の下、真壁社長と平塚市の間では話が進められていました。それが急転直下。晴天霹靂。計画が全て狂ってしまったということです。これにはワシらではどうしようもない問題も含まれているんだと思います。



別に事務所は駅前の空きテナントを借りてやればいいだけなので(本当はよくないけどね)いいんです。ただ選手がこのままでは不憫。馬入では練習後のシャワーを浴びることは認められているみたいです。たしか雨天時の筋トレもできるのかな?しかし、真壁社長も仰ってたみたいだけど、シャワールームからタオル一丁で道を歩くオマや公祐なんぞ見たくないでしょう(ここは腐女子のハァハァ話は置いといてww)クラブハウスがなくなるとはそういうことなんです。


今だからいえますが、ワシはクラブハウスがなくなるのは良いことだと思っていました。ウチの萎えたハングリー精神をたたき起こすには絶好の機会、そこから甘やかし体質の或る選手とサポーターの関係も少しはいい意味でなくなっていくんじゃないかと。これに怒りを覚えたベルサポのマイミク様ごめんなさい。でもそう思ってたから。しかし、最近になって違うのかな?と思った。たしかに甘やかしが残っている部分はあれど、これだけ選手と近い関係があるのはウチぐらいだと思う。他サポさんの話を聞いていても。これをよい方向へ延ばしていくことが重要。最近の成績不振で平塚市からは確かに見捨てられつつあるのがベルマーレの現状なのかもしれない。悲しいことだけれども。だけど、そんな状態のチームからJ31球団屈指の距離の近さを取ってしまったら何が残るのか?何をウチは誇りにすべきなのか。大神には本当に良い思い出がある。プリンス昇格を決めた1月のあの試合。慶の笑顔、公祐のDF論。少ししか行ったことがないワシでも思い入れはあるんだ。


クラブハウスがなくなるってその絆が壊れてしまうものだと思うんです。あるマイミクさんが言ってくれたんだけども、ウチは「クラブアトレティコ」なんだと。これは色んなスポーツをやりながら地域に根ざす総合スポーツクラブという意味です。つまりサッカーだけではありません。サッカーはあくまでひとつのツールです。「クラブアトレティコ」を目指すうえでクラブハウスを持たないということは致命的です。だって集まれる場所が無いんだから。市民もどこで何をやっているのかわからなくなるでしょう。「今ベルマーレってあるの?まだサッカーやってんの?」なんて言われかねません。


平日のナイトゲーム、ワシはいつも平塚駅の西口からタクシーを使って競技場へ行きます。タクシーの運ちゃんはこういいます。「今日は試合があるんですか?今ベルマーレは成績良くないでしょ。岩本(輝雄)や名良橋(晃)がいたでしょ昔。湘南の・・・・暴れん坊だっけ?あの頃は好きだったなあ。」市民はあの頃のベルマーレがベルマーレなんです。どんなに弱かろうと「湘南の暴れん坊」なんです。それは大神があったから人集いになってベルマーレを感じる場所が存在したからです。もしかしたらクラブハウスがなくなっても強くなってJ1へ上がることがあるかもしれない。しかし、そこにはうら悲しさと物足りなさが混在するでしょう。一番大事な「絆」が失われてるかもしれないから。


Jリーグがあるのは日本で29都市しかありません。これは誇りでしょう。29都市で毎週のように喜びも悲しみを享受できるんですから。一種家族ですよこれは。ワシは平塚競技場でそれを享受しています。しかし、悲しいかな。ワシは平塚市民ではありません。川口市民です。平塚市に対しての影響力は市民の皆様に及ぼせません。だからこそお願いしたい。


他チームのお家騒動として片付けてほしくないんです。J100年構想を考えるとこれは見過ごしてはならない問題であり、それがどうやって解決されていくのか、もし今後ウチのようなチームが出てきたらどうすればよいのかの道標にもなります。個人ができることは限られています。もしご意見があれば言っていただきたい。100年構想の中の一つの宿題であり、乗り越えるべき問題だから。越えた先には何かしらの答えがあるとも思っているし。


もし皆さんの琴線に触れたのならば、平塚市意見箱 https://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/teian/post.htm に何かメッセージを残していただけると大変ありがたいです。これからのベルマーレ、いやJリーグのためにも。未来を担う子供たちのためにも。。。。長文読んでいただいた方ありがとうございました。御礼申し上げます。


こっちにベルマーレネタは移項して行こうかな~と思ってます。


自己紹介とかは気が向いたらww(ヲイ)

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 BRIGATE VERDE AZULLO, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。