ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Campionato segunda

Giornerra 28

Shonan1-0Yamagata(El Bellmare 18:04)

72,Ishihara(Shonan)


双方、持ち味を出した試合。ただ山形はレオナルドの出場停止が響いていたのかもしれない。小原と内山のCBコンビは連繋こそ良かったもののアジと悠介、オマのコンビネーションに自陣右サイドをズタズタにされた。前半は木村がケアして事無きを得ていたが左の木藤(きふじ)が公祐との前半終了間際での接触で負傷退場し、後半から木村が左、代わった太田(地元湘南なんだからおいでw)が右に入ってから山形の守備は完全におかしくなった。


中盤と最終ラインの広大なスペースをフルに活かし、アジ、悠介、オマ、公祐で決定機を量産。


64分にラッキーな誤審でもらったPKはシミケンが神ストップでヨコの得点を阻む。


山形は以前のような高速パスワークではなく、財前の感性とレアンドロ、林の2トップの何パターンもの動きで崩すチームに生まれ変わっていた。何度もオマが上った裏をレアンドロや臼井に突かれたあたり、抜け目ないなと手強さと流石は4連勝しているチームというのを感じさせる。この日の誤算は渡辺匠と永井篤志のボランチコンビがアジと悠介のケアに奔走され、攻撃参加できなかったことだろう。


迎えた72分、オマ、左からのレーザービームに石原がダイビングヘッド。試合ごとに強くなる石原。エースと呼んじゃってもいいかい?


そして得点直後の75分頃からヨコに変わり、フラビオが初出場。彼、シトンと全く同じサイズなんですが、俊敏性よし、パワーよし、まだ連繋は仕方なくプレーになかなか絡めませんでしたが、ファーストシュートが恐ろしい勢いでバー直撃!電光掲示板も何を思ったのか2点と5分くらい表記されるくらいのスーペルなシュートでしたwwふらぼん(すーさん命名w)は今後に期待してもよさそう。


ニウ゛ァの痛がる演技と友彦がまともに腹を打ったので7分近くのロスタイムを乗り切りホーム連勝。徳島戦5/14以来の無失点。ムラが今季初出場。彼がいると最終ラインから攻めの構築ができる。今後を考えると今日のムラのパフォーマンスは本当に大きい。やはり彼をCB一番手で使って欲しいものだ。


試合後、松葉杖をついたウメがCURVAへ挨拶へ来た。梅田ゴーで励ました。何時までも待ってる。かなり泣きそうだった俺。ウメも万感の表情で松葉杖でカチカチと声援に応えていた。


次は三ツ沢の丘でダービーが待っている。ニウ゛ァと公祐が累積で出れない。二枚のボランチがいないのは確かに痛い。乗り越えなければ次へは行けない壁。さあ連勝だ。


きっと夏は来る!





スポンサーサイト


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 BRIGATE VERDE AZULLO, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。