ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Campionato segunda

Giornerra 31

Sapporo1-5Shonan(El Consadole 14:04)

7,Adiel(PK)(Shonan)
30,Sato(Shonan)
48,Ishihara(Shonan)
58,Ishihara(Shonan)
81,Hulk(Sapporo)
87,Sato(Shonan)


今季最悪に近い試合をした平塚での水曜日。


その3日後、今季最高の出来を魅せたベルマーレ。いやはやサッカーとは本当にわからないスポーツだとつくづく思い知らされた。


悠介の右FKからラッキーな形でPKをもらうまでは札幌ペース。西谷は巧みに久々の先発となった須田の裏をつきクロスを上げる。


そのPKを冷静にアジがJ2の5000ゴール目となる先制点。札幌は全く慌てる必要などなかったが、この日は石原とヨコが抜群のポストとフリックオンを連発。先制PKを許した曽田が明らかに動揺して最終ラインが破綻していたのも差し引いてもよくアジ、悠介に預けていたと思う。

そして砂川に90分何もさせなかった義生さんはフリエ戦に続き出色の素晴らしさ。まず飛び込むタイミングがよい。オーバーワーク気味なニウ゛ァの心強い穴埋めになっている。西谷を孤立させたのは義生さんの功績だ。

悠介の2得点は双方圧巻のミドル。ラインがズルズルと下がっていた札幌DFの隙を巧みについたものだった。特に5点目は利き足でない右で撃ったもの。初アシストとなったフラビオのポストも正確だった。

石原の2得点は双方頭。一点目は左からアジのニアのグラウンダーにダイビングヘッドで合わせたもの。二点目は須田の右からのクロスをファーで競り勝って頭。須田は今日の守備は見事!居残り練習の成果が出てきたか?タックルの入りかたが巧くなってた。


石原には点で合わせる技術がついてきた。後は本来の持ち味であるドリブル突破(サイドに逃げるのではなく)からのシュートがみたい。


やればできるのではなく成し遂げようとする意志。水曜日に得た危機感がこの結果を導いた。次節は休みになる。


いいか?どんな快勝をしても浮かれるな。満足してそこに止まるな。それで今季どういうことになったかわかってるよな。上田さんの意思を無駄にしないためにも次節東京V戦までの二週間。今日の札幌戦の反省を踏まえて(いや、フッキのドリブルシュートで負けたというくらいの気持ちで)練習に励んでほしい。菅野さんは改めて選手のモチベーションコントロールに注意をはかってください。浮かれた後の失望はもういらない!

スポンサーサイト


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 BRIGATE VERDE AZULLO, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。