ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちょうど中間地点ですね。


今日は浪速桜、セレッソ大阪編。



このチームは本当にゲーフラのレベルが高いです。
おそらくJ屈指でしょう。


ゲーフラ特集

つ http://www.jsgoal.jp/news/00037000/00037359.html


全て手が込んでいますよね。
チームへの愛情がすげー伝わってきます。


柏とは全く違った意味でww応援は真面目というか大人なしいのか同じ大阪でもガンバとはスタイルが両極にあるような気がする。ダービーでも徹底して煽って盛り上げるガンバに対し、ブタ~と言われようが「ぶひ~」っと言い返してしまうセレッソ。同じ大阪でもこの差は何なのでしょうか。北摂と大阪人の気質の違いもあるんでしょうかね。


このチームのチャントは基本が極めてシンプルに思います。今回はオススメチャントを探すのにちょっと苦労しました。最近はチーム状況が状況なので、このチャントがふっと浮かんできました。オススメってわけではないですけど。天皇杯の大阪ダービーではハーフタイムも延々と歌ってた記憶があります。次週9/9@万博はこれの連呼になるのでしょう。



「お、お、お~お、お、おお 潰 せー●●」

●●はチーム名。

原曲「Smoke on the water」Deep Purple


さて、筋トレが終わって一息ついたのでチャント研究日誌でもここでひとつ。


本日は「ワショーイ」をモットーに掲げる大宮編です。さいたま市内にある大宮アルディージャ。浦和とのダービーはまだまだ応援規模では比較になりませんが、桜井(元浦和)と釣男のお約束になりつつあるエルゴラを使った挑発合戦は見ていて面白いですww


コアサポの数もまだまだ。話によると今のコールリーダーが元ジャイアンツのULTRA「G-FREAKS」のメンバーだった方らしいです。それでも巨人らしいスタイルはあまり見受けられません。おそらく本人が好きであろう忌野清志郎やスカパラを使ったチャントが目立ちます。ここでは基本姿勢「ワショーイ」が入っていないこのチャントをご紹介




「行け行け 大宮!俺らの大宮!攻め上がれオレンジ!ララ~ラ ララララ~!(語尾上がる)
 行け行け 大宮!俺らの大宮!攻め上がれオレンジ!ララ~ラ ララララ~!(語尾下がる)」


原曲 「A Quick Drunkard」東京スカパラダイスオーケストラ




よくJ2のときにも聞いてました。この曲。J2最終年の2004がそういえば大宮ゴール裏が大変革した年だったことを思い出す。分裂応援が終止符を打ち、ORANGERを中心とするアップテンポなチャントが目立つチームになった。2007年にはリニューアルした大宮公園(絶賛改築中)がお披露目になる。来年、また大宮公園にいきたいなあ。


http://www.geocities.co.jp/Athlete/5995/sannbika.html#01
http://www.geocities.co.jp/Athlete/5995/


http://www.nishinippon.co.jp/nsp/avispa/20060818/20060818_002.shtml


近日中には決まるんだろうなあ。


しかし、バロソというターゲットがいるから(劣化はしていまっているが)、左足クロスの精度さえ衰えてなければってところだが。


しかし、福岡よ、ビジョンが見えないよ。椰子は多分あまり守備しないぞ。


そして古賀誠史がかわいそうだ。。。。。
今年そんなに悪くないと思うんだけど。FWがFWだっただけで。
で、何でここで椰子なんでしょうか。補強ポイントやっぱりずれてる気瓦斯。飯尾とバロソで満足しちゃったのかな~??


唯一の松田時代の遺産まで潰すことになりかねないという危険ははらんでるよなあ。ポジション被るし、FKは蹴れなくなりそうだし、椰子は性格が性格だからねww


まあ、テル、軋轢はくれぐれも起こすなよ。川勝さんともそうだし、もちろんOBRIともww


最近急速にJ1復帰へ向けレコンキスタな「和田岬」の海賊、神戸編です。



一昨年にここはゴール裏の革命が起こったわけですが、そこでできたのがイタリア系の「BNV(おそらくBRIGATE NEO VIKINGHの略と思われる。正式名称知っている方いたら教えてください。)」というULTRA。禿頭(みんなの人気者ww)のコールリーダーがG大阪のULTRA出身らしく、ガンバの応援よりはさらに旗を大きく振り、翻すのがBNVのスタイル。ゲーフラも最近は何故か野々村氏、アツ嫁?(だっけ、奈美って。由美が嫁だっけ?奈美がアツの得点をとにかく「キャーすご~い!!」とえこひいきしている(確かに今年はミドルやFK多いわな)のは暗黙の了解ですが(爆))をネタにした柏化現象が起きていますww


本拠地である神戸ウイングスタジアムのホーム側はアウェイ側とは違い天井に防音壁(アウェイ側は裏に病院があるため)がないため、チャントがよく響きます。ULTRA(敢えてコアサポはこう呼ぶ)、サポーター、選手、スタッフが試合前から一丸となるために歌われるのが今日のオススメチャント。


全員がマフラーを拡げ、オーロラビジョンには皆が歌えるように歌詞まで表示されます。神戸スタッフの意思が強く伝わってくるひと時です。阪神大震災を乗り越えた街だからこそ、心に響いてくるのです。



神戸賛歌


「俺達のこの街に お前が生まれたあの日 どんなことがあっても 忘れはしない
共に傷つき 共に立ち上がり これからもずっと 歩んでゆこう
美しき港町 俺達は守りたい 命ある限り 神戸を愛したい
オ……」



原曲 「愛の賛歌」エディット・ピアフ



http://kobe.cool.ne.jp/vikinghi/
http://vikinghi.blog18.fc2.com/
http://kobe.cool.ne.jp/vikinghi/bnv_002.htm


結構しみじみと来ますよ。他はレッドリバーが歌詞的に好きですね。たとえ、チームカラーが変わろうとも神戸賛歌が歌われるとウイングはヴィッセルの勝利のため、ひとつになる。


というわけでワシの地元にやってきましたいよいよ浦和編です。


むしろ、やる必要などないと思いそうですがJ31チームのチャントULTRAの現状をわかる範囲で表現していきたいので。


「何故だかわからない」というチームの営業部長が仰るとおり、開幕当初から熱狂的な人気を誇り、元々CRAZY CALLSという吉沢康一氏率いるULTRAが今のJで行われている太鼓やチャントの姿勢を始めた創始者の様にも思います。


相良氏、角田氏とコールリーダーは変遷し、たくさんのULTRASができて熱狂のKAOSと毎試合化すCURVA。これは世界レベルだとドイツから来日した記者に賞賛され、韓国KリーグのULTRAも浦和を手本にしているチームがあるといいます。


ワシがお気に入りのチャントはこちら


「Here we go! We are the Reds~
ランラーラ ランラランラーランラー
Here we go! We want goal!!
ランラーラ ランラーララ URAWA REDS!!」


原曲 「大脱走」



http://www.sainet.or.jp/~boys/



なお、浦和のホームで試合が行われる際に「FIRST IMPRESSION」という入場曲が流れるのですが、それを聞くたびにアウェーサポーターは「絶対に負けてたまるか」という気分が高揚し、チャントを激しく歌いだします。特に駒場では燃えたな。つーか、駒場しか経験ないが埼スタでも同じように高揚感が昂ぶるのだろう。だからベルマーレがJ1にあがったら絶対に埼スタアウェイでも駒場アウェイでもボコボコにしてやりたい。


あと日本サッカーで誇れるもののひとつに、浦和のULTRAの激しさはあると思います。特に韓国人のサッカーファンは浦和ULTRAを知らない人はいないんだとか。



Prev | HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BRIGATE VERDE AZULLO, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。