ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Campionato segunda


Giornerra 40

Yamagata1-1Shonan(La Bespa 18:04)

21,Ujihara(Yamagata)
54,Adiel(Shonan)




「俺たちは勝利に飢えている。最後まで点を取って戦え!」



たしかこんなカンジの弾幕を書いていた。でEFSバンデーラの上に掲げる。鳥栖戦、神戸戦を経てのメッセージ。とにかく最後まで戦えおまえら。


試合のほうはいかにも8位対9位の試合だったというお粗末な内容。山形は財前、レアンドロの飛車角的存在の欠場は大きく。中盤で秋葉と渡辺匠がパスの出しどころに相当苦労していた。ここは義生さんとニヴァがよくやっていた。


試合のほうも湘南が右中心の攻撃でポジショニングが曖昧な左SB内山の裏を突く。新潟から復帰の左ハーフ宮沢克行(この日が山形復帰戦)との連繋に難がありそのスペースをニヴァと須田で抉る。右からのクロスでチャンスを演出するが、いつものように中央に人がいない。15分頃に左CKからダイビングヘッドの決定機があったが決められず。


すると少しずつ山形が少しずつラインを押し上げ始め、佐々木の突破力を活かした攻めを展開。この日先発の根本亮助が遠目からミドルをどんどん放ち、リズムは山形へ。迎えた21分。須田とニヴァのプレスの連繋がずれた。須田が飛び込んだところ、左からグラウンダーのクロス(多分宮沢→内山だったと記憶)、中央2枚フリー。根本をマツが何とかケアするが、後ろの氏原がドフリー。バイタルエリアからの左ミドルがキレイに右隅に吸い込まれて先制。山形に与えた最初の決定機でまた点を与えた。鳥栖戦の繰り返しだ。もっと集中力を。疲れたなんて言い訳にできんぞ。その後も根本のミドルがバーを直撃。佐々木が右サイドを崩してからのシュートと次々とゴールを襲うが難を逃れる。



前半はこのまま決定機を迎えることなく終了。このままじゃ終われんぞ。後半菅野さんがHTで檄を飛ばしたのか。悠介中心のパスワークが炸裂する。開始直後の悠介のスルーパスに左サイド抜け出た源気のオフサイドゴールに始まり、オマ、アジ、悠介のホットラインで臼井の裏を突く。迎えた54分、左バイタルエリアから、オマ→悠介と繋ぎクロス→ファーにフリーでいたアジが得意の形で合わせて(頭)同点。



逆転できる予感はあった。石原が一回1対1の決定機を迎えたが左足シュートはシミケンの好セーブに阻まれた。しかし、そのシーンは完全に1対1になったのを確認してから打った「確信的な」シュートだった。最近石原がポストというチャンスメイクの役回りに専念しすぎてシュートを相変わらず打てない打たないでいる。打てるシーンが後半だけでも3回はあった(前述した決定機は含めない)。近くにアジがいると預けてしまう悪癖は直さなければならない。長身のポストプレーヤーがいない以上(フラビオは失敗と考えています)、期待は大きくなり、キャパシティを超えているのは理解できるが(現時点での石原の能力だと)石原はそれを乗り越えないと一皮向けない。この試練を飛躍へのチャンスと思ってもっと勝負を仕掛けてシュートへいってほしい。アジに頼りきりのおまえならそれは「勝負しない怖さのないFW」で終わりだ。


試合はその後、双方バイタルエリアまで持ち込むがシュートを打てずで終了。いかにも第4クールで現在位置を認めざるを得ない内容に終始してしまった。昨年のベスパも1-1だった。しかし、試合後の反応はまだ違った。昨年は「上田!これでいいのか~!!??」だった。今日は「菅野さん、信じてるぞ~!!」であった。


攻撃的にいった段階での引き分け。現時点での実力不足は認めざるを得ない。だがかすかな光がある限りそれを次戦へとつなげる義務がある。土曜日平塚でそれを見出せるかだ。札幌戦へ向けて再び鍛錬に挑め。




「俺たちは勝利に飢えている」


今日は南から北上、大阪スタイルを築き上げたガンバ大阪編です。


http://www.brigate-neroazzurre.com/info.htm


イタリア系のチャントスタイルは徹底されていて、飛び跳ねるヤツがまずいない。とにかくクラップとコールと旗振りにこだわる。モデルはおそらくアタランタのULTRA、INAでしょう。分裂時はアタランタのホームスタジアム(アズーリ・デ・イターリア)と弾幕の位置、爆心地まで全て一緒でした。本当にw聞いた話だとセリエCのピサもお手本にしているみたいですが。後はインテルも手本してる部分あるのかな。チャントのほとんどがイタリア語、sia mo noi(俺たちがついている)といったイタリア語を神戸が使っているのはBBとBNAの影響が色濃いはず。分裂闘争が終わりを告げ、間もなく3年。イタリアンスタイルはJのなかでも確実な存在感を顕しています。オススメの一曲はこれ



「俺たちが 大阪さ 青と黒 俺らだけ(繰り返す)」

つ http://www.brigate-neroazzurre.com/song/aotokuro_oreradake.mp3


シンプルですが力強い。一番耳から離れないというか何というか短いフレーズながらも熱い歌ですね。この歌かなり好きです。清水サポはすまんwww


応援もチームスタイルも一つの「大阪」を築いたといえるガンバ。これからも応援は関西の盟主でいてほしいですね。


Campionato segunda

Giornerra 39

Shonan2-2Kobe(El Bellmare 19:04)

3,Sato(Shonan)
14,Atsu(FK)(Kobe)
41,Komoto(Kobe)
94+,Nagasato(Shonan)



何もかもが胸糞悪い。



3分にカウンターからアジ、石原とつなぎ、悠介がループで決め久々の流れる形で先制。ここまではよかった。しかし、14分、アツ(三浦淳宏)との競り合いで走り負けた須田がバイタルエリアでファウルを犯し右斜め45度からのFK。アツは当たり前のように決めあっさり同点に追いつかれる。


試合は湘南がその後も支配するもののいつものようにシュートを打てず。徐々に神戸の術中にはまっていく、所狭しと顔を出すクリ、近藤の正確なポスト、ボランチの丹羽と田中コンビのアジへの素早い寄せ。アジが徐々にゲームから消され、神戸のボールキープの時間が長くなっていく。迎えた41分、義生さんが田中?の突破を後ろから倒したとして中央やや左寄り遠いところからFK。アツが友彦の前でバウンドするボールを蹴る。雨、無回転。友彦は案の定ファンブル。そこに飛び込んだのは河本。あっさり逆転を許す。


しかし、今日のトップ下であるクリは神がかっていた。年齢のこともあり途中交代で下がったが、所狭しとチャンスに絡み、守備でも怪我をいとわないスライディングタックルでベルマーレのチャンスを潰す。そして声をとにかく張り上げて鼓舞する。これに左ウイングのアツ、右SBの北本(この日は対面のオマにほぼ勝利。自身はオーバーラップを仕掛けられなかったが。タックルの入れ方が絶妙すぎる)が奮起しないわけがない。これが神戸の強さである。質はDF以外はベルマーレの方が「良いサッカー」をしてはいるんだけどね。


ただリーグ戦というのは「良いサッカー」をするのではなく「勝ち点3」をもぎ取る場なんだわ。だから戦えっつってんだよ。それをいつまでもわかってないヤツが湘南には多すぎる。で、後半だよ。今度はムラも友彦もパニくるようになり、あと3点は入っていてもおかしくなかったが全て近藤がフイにしてくれた。DFの連繋どうなってる。ムラとマツの信頼関係云々より、ムラのメンタルの問題だわ。友彦がそれに巻き込まれてしまったカンジ。


後は神戸とベルマーレではフィジカル差と活力の差が天と地ほどあった。神戸は競り際、球際では悉く競り勝った。走力も諦めない心も神戸のほうが十二分に気持ちが伝わってきた。近藤はガッツあるいい選手になってきたね。活力は前述したクリのがもたらす波及効果のこと。


しかし、その後丹羽が線審の判定に中指を立て侮辱したとして一発赤。残り10分では遅延で近藤がこの日2枚目の警告を受け退場。さあ、11人対9人だ。ここから一気に攻めろ!!しかし、残り10分でヤツラはまたクロスをあげることに徹し、シュートを打たない。10分で3本だよ。全く持って信じられない。おまえらここホームだぞ。金曜の屈辱もう忘れたか。がんがん打てよ。神戸のラインがズルズル下がってるのは明白じゃねえか。GK荻を脅かす回数もそうなく、試合終了と思われた直前に右からの須田→悠介とつないでのグラウンダーに源気が左足で合わせて同点。


さあ、逆転するんだよ!!と思ったらあいつら喜んでまた踊ってやがる。鳥栖戦と全く一緒。ニヴァか義生さんがボールを掻っ攫って一目散にセンターサークル行くのを尻目にな。で、直後に試合終了のホイッスル。頭にきた。最前列で煽ってやった。おまえら勝ちたくないんだな。そうなんだろ。それともベルマーレにいたくないんだろ。ウチでアピールしてどっか他のチームに移籍しようとかそういう魂胆かてめーらは。


試合終了後、EFSが「片付けなんかあとでいいからいくよ」とバス囲みへ。思い切ってブーイングだけしてやった。ニヤニヤしながら乗り込んでくるヤツが一人いた。誰とは言わんがおまえには失望させられたよ。


ちなみに俺らのところに挨拶に来た後、メインで「伊藤(友彦)、氏ね!!」と叫んだ馬鹿(この人はいつも空気の読めない野次でメインの雰囲気を壊しているらしい)がいたらしく、それにマツ、悠介が激怒、強化部長大倉も激怒し、「こっち来い、おまえ!降りて来い!!」と挑発。そんなのに応じる悠介やマツも子供だし、大倉はもっと子供。あんたは選手を(友彦を)守ってやらなきゃいかん立場だろ。それが下らない挑発に乗ってどうするんだよ。



そして悠介、正直に言うと今のおまえならウチにいらないよ。「自分の出場が保証されて思い上がってる。だから肝心なところで走れない。シュートを打てない打たない。精神的な弱さばかりが目立つ。ハートだったらマツや義生さん、アジの方が数倍強いよ。」救われた試合も勿論あったけどチームの中心的存在である悠介が気の弱さを見せ続けているようではやはりダメだと思うんだよ。それが結局悪い意味で源気にも石原、公祐にも出てしまっている気はする。 こんなんでキャプテンマークとか恥ずかしいわ。



さらにもうひとつ場外乱闘があったらしく、試合後菅野さんが神戸のペドロコーチに食って掛かろうとしたらしい。試合中にいろいろと暴言を吐かれていたらしいが、これもスタッフが羽交い絞めで止めに入り、何とか事なきを得たとのこと。しかし、菅野さんはバスに乗らず裏口からタクシーで帰ったとのことだが俺らの話だけは聞きに来てほしかった。俺もパニックになって人の話を聞けなくなった経験あるけど、パニックで混乱しててもいいから俺たちのところに来て誠意だけは見せてほしかった。菅野さん、それは逃げだよ。何でこうなったのか説明だけでもしてほしかったよ。


その後はサポミ。神戸のULTRA、BNV(10人くらい)は「今日の試合ぶち壊した審判出せや~!!」と柵を破壊し粘っていた模様。こちらも2,3人が警備員に羽交い絞めされてたらしいです。


とにかく日曜のベスパ、ホーム2連戦の屈辱を糧に厳しい雰囲気で練習に挑め。甘い環境などヤツラにはいらない。


つ http://www.asahi.com/sports/update/0912/132.html
つ http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/news/20060912ie22.htm



今更という感じですが、やっとJが重い腰を上げたってところでしょうな。椅子男が鬼武氏に変わってから審判部隊の基準が厳しくなったのかもな~。しかし、やはりモットラム氏とのパイプが切れてしまったのは大きいでしょうね。いつまでだっけ?アドバイザー務めてたのは。確かにヨルやスペイン人(名前忘れた)といった怠慢なレフェリングで外国人審判に見切りをつけたというのはあるけど、それで逆に学ぶ機会がなくなってしまった。



一時期、「日本人選手教育のため」と外国人選手を締め出した「女子Vリーグ」と同じ現象だよ。女子はもう外国人は再解禁になっている。今年のNECレッドロケッツの新外人 http://www.necsports.net/w_volley/news/archive/index.php?filename=060828_02.html やはり外国人入れて、今みたいに柳本監督の下、復活の兆しを見せつつあるし、大山や木村、石川といった若手や落合といった中堅以降の新戦力も育っている。審判に関しても一緒。まずは当たり外れを恐れずにもっと外国人審判を招聘すべき。このままでは第二の家本がまた近いうちに発生するだろう。恩氏のようにしてしまったらそれこそ家本の人生もおかしくなってしまう。そこまで協会やJはケアを考えないと。そういう意味では今回は審判の質向上化に向けてよい措置だったとは思う。家本はとりあえず一ヶ月学べ。まずはJ2以下でやり直してほしい。少ないけど、穴沢や松村、片山(人によっては微妙、俺はOK)のように年々良くなっているレフェリーもいるんだから。




で、今日飛び込んだこのニュース



http://www.bellmare.co.jp/bellmare/view/s.php?a=1164&PHPSESSID=ebae823b055ab62bfc50265387ec9310


2006年09月12日 2006シーズンユニフォームスポンサー グッドウィル・グループ(株)決定

湘南ベルマーレの2006シーズンユニフォーム背中スポンサーとして、「グッドウィル・グループ株式会社」にスポンサードをいただくこととなりましたのでお知らせいたします。

9月13日(水)J2リーグ 第39節 神戸戦(19:00/平塚競技場)よりトップチーム公式戦ユニフォームの背中に下記のロゴマークが掲出されます。

◆名称
 グッドウィル・グループ株式会社  Goodwill.com

◆本部所在地
 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー35階

◆代表
 代表取締役会長 兼 CEO 折口 雅博

◆事業内容
 人材ビジネス/健康ビジネス/感動ビジネス


【グッドウィル・グループ株式会社からのメッセージ】
 グッドウィル・グループ株式会社は、21社の事業会社(2006年8月末現在)を傘下に持つ純粋持株会社であり、東証一部上場企業です。グッドウィルグループは、株式会社グッドウィルを中心とした「人材ビジネス」、株式会社コムスンを中心とした「健康ビジネス」、株式会社フードスコープを中心とした「感動ビジネス」の3つの事業領域をコアビジネスとして展開し、創業ゼロからのスタートより設立12年目で連結売上高1,859億円という実績をあげ、拡大成長を続けております。「弛まぬベンチャースピリット」を社是として、「拡大発展」「社会貢献」「自己実現」を企業理念に掲げ、全社員がこれらをDNAとして共有し、日々邁進しております。また、目標に向かって頑張る人を積極的に応援するスポーツ活動や文化活動にも力を入れております。
 J2優勝・J1昇格を目指し、「弛まざる努力」を積み重ねている「湘南ベルマーレ」の選手・スタッフの皆様に共感し、このたび「ユニフォーム・スポンサー」という形で応援・サポートさせていただくことになりました。
 熱烈なサポーターの皆様とともに、選手・スタッフの皆様の心の支えとなり、「湘南ベルマーレ」の目標達成に貢献できれば幸いです。




昨年から噂はありましたがようやく実現しましたね。ここの企業色も緑と青です。フットサルチームもたしか持っててベルマーレと色一緒なんだよね。これで増資はどれくらいになるんだ?wktk。とにかくこれで一時的な資金難は逃れられるはず。まあ、去年実は「安心できない企業」としてスポンサー認可取り下げられてるんですけどね。今年はどっか是正してちゃんと認可されたんでしょう。ただ、これはあくまでも補助であり、大黒柱ではないという認識をまずは俺たちも持たなくちゃいけないと思う。これで安心ではない。グッドウィルをいいように利用しないと、そうじゃければ一時期の神戸のようになってしまう。そこはフロント本当に本当にお願いしますよ。


とりあえずグッドウィルに感謝!




何かネタはないかと頭の中で引っ張ってたら出てきた出てきたww


椎原のバカ日記ww http://holly.sblo.jp/article/1225852.html#comment 見て思いついた「55でJ2ベストイレブン作っちゃえ!!」みたいな。


13チームに55年早生まれと55年度生まれ(80,1,1~81,4,1生まれまでが対象)がどれぐらいいるかまずはピックアップしてみよう。


札幌

GK 高原寿康(80,10,18)
MF 和波智広(80,4,27)
MF 関隆倫(81,1,16)


仙台

DF 磯崎敬太(80,11,17)
MF 村上和弘(81,1,20)
FW ボルジェス(80,10,5)


山形

MF 高林佑樹(80,5,22)
FW 根本亮助(80,8,24)


水戸

DF 森恵佑(80,4,17)
MF 椎原拓也(80,7,9)


草津

MF 山崎渡(80,9,18)
FW 寺田武史(80,3,21)




GK ノグチピント・エリクソン(81,1,27)
GK 加藤慎也(80,9,19)


東京V

MF 松浦宏治(80,5,5)
FW 齋藤将基(80,6,23)


横浜F

GK 広野耕一(80,4,16)
DF 小林宏之(80,4,18)
MF 吉野智行(80,7,9)


湘南

DF 須田耕輔(80,2,4)
MF アジエル(80,8,13)
FW 横山聡(80,2,14)


神戸

MF 朴康造(80,1,24)


徳島

GK 山口篤史(80,7,8)
FW 小林康剛(80,6,15)
FW 石田祐樹(80,11,4)


愛媛

MF 濱岡和久(81,2,28)


鳥栖

GK 冨永康博(80,5,22)
DF 飯尾和也(80,4,10)
DF 高地系治(80,4,23)
MF 宮原裕司(80,7,19)


以上。。。。。31人らしい。


こっから、W杯みたく55J2代表みたいなカンジで23人を選んでみる。


GK  1 加藤慎也(柏)
  12 冨永康博(鳥栖)
  22 高原寿康(札幌)

DF  2 須田耕輔(湘南)
   3 和波智広(札幌)
   4 飯尾和也(鳥栖)
  11 寺田武史(草津)
  16 高地系治(鳥栖)
  17 磯崎敬太(仙台)
  19 小林宏之(横浜F)

MF  5 村上和弘(仙台)
   6 椎原拓也(水戸)
   7 朴康造(神戸)
   8 濱岡和久(愛媛)
  10 アジエル(湘南)
  14★吉野智行(横浜F)
  15 関隆倫(札幌)
  23 宮原裕司(鳥栖)

FW  9 ボルジェス(仙台)
  13 小林康剛(徳島)
  18 齋藤将基(東京V)
  20 根本亮助(山形)
  21 横山聡(湘南)


★=主将、☆=副主将


で、最強布陣


         12 冨永(鳥栖)


2 須田(湘南) 4 飯尾(鳥栖) 3☆和波(札幌) 16 高地(鳥栖)


      5 村上(仙台) 14★吉野(横浜F)


 
 7 朴(神戸)   10 アジエル(湘南)  23 宮原(鳥栖)



          9 ボルジェス(仙台)


とりあえず、湘南びいきかよ~という突っ込みは受け付けませんwwカンジョを右SBにして右ウイングに関を入れる代案や、高地を左ウイングにあげて左SBに小林宏之で守備的に行こうかな~とも思ったんですが、こんなもんでしょうか。和波は4バックのセンターは未経験のはずだがまあ彼の対人能力とキャプテンシーならできるでしょう。ところで寺田はホナウジーニョと生年月日一緒なのね。フリーキックのマジカルさだけ頷けますww


GKは皆へたくs(ryで迷いどころでしたが、高原は出た試合で悉く大量失点犯すし、加藤も不安定、ピントは。。。山口も。。。広野は試合出たことないし。消去法で一番マシな冨永を選びました。


MFは村上と我らが吉野智行に汗をかいてもらいましょう。キャプテンマークは当然トモ。チームを叱咤激励してください。右は彼なしでは神戸の今の位置はないであろうカンジョが右、左が足技の魔術師兼俺様パサー宮原。真ん中はアジ。アジもこの面子であればいちいちボールをもらいにいったり、カウンターのスピードを落とすなりしなくても良いでしょう。ボルジェスとのホットラインで得点の山を築け!!(ボルジェスとアジは仲良しらしい)


監督はとりあえず一番若い高木琢也氏でwww大丈夫ですよ。カズ!!!!!。。。。。さん。なんて呼ぶ遠慮は全くありませんからwwどんどん怒って選手のモチベーションをあげてくだされ。



Prev | HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BRIGATE VERDE AZULLO, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。